くらし情報『宮崎あおい、是枝裕和監督最新作「真実」で洋画吹き替え初挑戦』

2019年9月19日 18:43

宮崎あおい、是枝裕和監督最新作「真実」で洋画吹き替え初挑戦

【モデルプレス=2019/09/19】女優の宮崎あおいが、是枝裕和監督最新作で初の国際共同製作映画『真実』(10月11日公開)の日本語吹き替えを担当したことがわかった。宮崎は、今回が洋画吹き替えに初挑戦となる。

目次

・宮崎あおい、初めは戸惑うも「始まってみたらとても楽しく」
・是枝監督、宮崎あおいの表現力は「唯一無二」
・ストーリー


宮崎あおい、是枝裕和監督最新作「真実」で洋画吹き替え初挑戦

宮崎あおい/photo L. Champoussin (C)3B-分福-Mi Movies-FR3


昨年カンヌ国際映画祭で、日本映画21年ぶりの快挙となる最高賞・パルムドールを受賞した『万引き家族』が、興行収入46億を超えたことでも話題となった是枝監督。今や世界中で新作が待ち望まれる是枝監督の、長編14作目となる『真実』では、今作の魅力のひとつでもある、母と娘の辛辣かつ軽妙な会話を様々な形で楽しめるように、日本語字幕版に加え、吹替版が製作された。

宮崎あおい、初めは戸惑うも「始まってみたらとても楽しく」

宮崎が声を務めるのは、ジュリエット・ビノシュ演じる脚本家・リュミール役。その母のトリーヌ・ドヌーヴ演じる、国民的大女優・ファビエンヌ役の声優には、女優の宮本信子がキャスティングされた。

宮崎は「初めてのことに、何をどうしたら良いのか不安いっぱいで」と語るも、「始まってみたらとても楽しく…自分がジュリエット・ビノシュになったかのような幸せな錯覚を味わいながらの贅沢な時間でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.