くらし情報『坂口健太郎、映画単独初主演 ヒロイン・永野芽郁と“脱出劇”<仮面病棟>』

2019年9月20日 05:00

坂口健太郎、映画単独初主演 ヒロイン・永野芽郁と“脱出劇”<仮面病棟>

【モデルプレス=2019/09/20】ミステリー作家・知念実希人のシリーズ累計発行部数85万部を超える傑作ベストセラーを映画化した「仮面病棟」が、2020年3月6日に全国公開される。主演は映画単独初主演の俳優・坂口健太郎。ヒロインを女優・永野芽郁が務める。

目次

・ノンストップ脱出ミステリー「仮面病棟」
・坂口健太郎、映画単独初主演共演に永野芽郁
・監督はドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」シリーズの木村ひさし9月下旬クランクイン
・坂口健太郎 コメント
・永野芽郁 コメント
・監督:木村ひさし コメント
・原作:知念実希人 コメント


坂口健太郎、映画単独初主演 ヒロイン・永野芽郁と“脱出劇”<仮面病棟>

坂口健太郎永野芽郁(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会


◆ノンストップ脱出ミステリー「仮面病棟」

同作の舞台は鉄格子で閉ざされた元精神科病院。1日限りの当直を代わった医師・速水秀悟は、目的の見えない事件に巻き込まれる。ピエロ面の凶悪犯が、負傷した美少女・川崎瞳と立てこもり、身元不明の64名の入院患者と職員たちと共に監禁されたのだ。病院内で次々と遭遇する不可解な出来事に加え、1人の遺体が発見される。犯人からも、得体の知れない病院からも逃げられない、ノンストップ脱出ミステリー。

坂口健太郎、映画単独初主演共演に永野芽郁

不慮の事故で婚約者を亡くした過去を隠し、事件に巻き込まれる主人公の医師・速水役は、本作で映画単独初主演作となる坂口。これまで数々の話題作に出演し、爽やかでいて観るものすべてを惹きつける確かな演技力が絶賛され、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.