くらし情報『土屋太鳳「自分の顔が苦手」葛藤した過去 “女優”としての決意語る』

2019年9月20日 18:28

土屋太鳳「自分の顔が苦手」葛藤した過去 “女優”としての決意語る

【モデルプレス=2019/09/20】女優の土屋太鳳が20日、自身のInstagramを更新。女優としての葛藤や、自分の顔が苦手だったという過去を告白した。

目次

・土屋太鳳、「自分は本当に女優なのかな」苦悩を告白
・土屋太鳳、“自分の顔が苦手だった”過去を吐露 現在の心境も語る


土屋太鳳「自分の顔が苦手」葛藤した過去 “女優”としての決意語る

土屋太鳳(C)モデルプレス


土屋太鳳、「自分は本当に女優なのかな」苦悩を告白

土屋は同投稿で、写真家の富取正明が日本のトップ女優39人を撮りおろした写真展「女優顔」のために撮影された1枚を公開。

同展参加の感想を「本当にこのタイトルって凄いなと思うんですよ。『女優顔』という言葉を見るたびにがんばろうって思います」と書き出し、“女優”という職業を振り返った。

まず「演技って本当の自分じゃなくても本当の感情で、だから表情も目も計算しなきゃいけない時もあるし計算しちゃいけないというか出来ない時もあるしリアルではないけどリアルでリアルだけどリアルじゃないという…」と演技をする難しさについて語った土屋。

続けて「こんなふうに頭で考えてると、私とかは頭の動きが遅いからこんがらがってしまって考えないほうがいいとも思うけれどでも、考えないといけないときもあって」と葛藤を綴った。

そして「だから、いつもこれでいいのかな、自分は本当に女優なのかなと思うし、演技って何だとか考えることも最近はあったりするのですが、『女優顔』という言葉を見ると背筋がなんだかピッ!とします」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.