くらし情報『真木よう子&増田貴久「ボイス」“最終回の先”描くオリジナルストーリー登場』

2019年9月22日 07:00

真木よう子&増田貴久「ボイス」“最終回の先”描くオリジナルストーリー登場

【モデルプレス=2019/09/22】俳優・唐沢寿明が主演を務めた日本テレビ系ドラマ「ボイス 110緊急指令室」が21日に最終回を迎えた。放送後、Huluにて本編最終回から1ヶ月後の物語を描いたオリジナルストーリー「ボイス 110緊急指令室 CALL BACK」が配信されている。<記事内、本編ネタバレあり>

目次

・「ボイス 110緊急指令室」最終話から1ヶ月後を描く
・真木よう子&増田貴久、手応え明かす


真木よう子&増田貴久「ボイス」“最終回の先”描くオリジナルストーリー登場

増田貴久真木よう子(C)NTV(C)STUDIO DRAGON


「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。この被害者の生死を分けるクライシスタイム内に人々を救うため、神奈川県警港東警察署の「110番・緊急指令室」内に創設された捜査ユニット「ECU(Emergency Call Unit)」で、妻を殺された敏腕刑事・樋口彰吾(唐沢)と、父を殺された声紋分析官・橘ひかり真木よう子)が、生きたいと願う「声」を手がかりに事件を解決してきた同作。

本編最終回では、樋口とひかりがついに、各々の愛する家族を殺したフード姿の殺人鬼「カチカチ野郎」こと本郷雫(伊勢谷友介)を逮捕。その後、雫は意外な人物によって命を絶たれ、長い復讐劇はようやく幕を閉じた。

そんな中、試用期間を終えた「ECU」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.