くらし情報『大原優乃、ランジェリーショット挑戦 撮影中に涙』

2019年10月14日 13:21

大原優乃、ランジェリーショット挑戦 撮影中に涙

【モデルプレス=2019/10/14】女優の大原優乃が14日、都内で開催されたセカンド写真集『吐息』(撮影/桑島智輝 集英社刊)の刊行記念イベントに出席した。

目次

・大原優乃、下着姿を解禁
・大原優乃、10代にやり残したことは?


大原優乃、ランジェリーショット挑戦 撮影中に涙

大原優乃(C)モデルプレス


大原優乃、下着姿を解禁

今回のセカンド写真集は、10月8日に20歳となった大原の10代最後の1年を追い続け、地元の鹿児島を中心に撮影を行ったもの。初めて本格的な下着姿を解禁し、ビーチでの姿や、大人びたショットなども収めている。

大原は初の下着での撮影を「やっぱりすごく恥ずかしかったんですけど、下着の撮影の時はすごく印象的で。カメラマンさんと二人で撮影をしたんですけど、部屋に10分間、一人で閉じ込められて、その10分後にカメラマンさんが一人で来て、会話なく、シャッターから始まるっていう、独特な時間だったんです」と回想。

「最初は割と内向的な気持ちで、涙を流していたんですけど、自分の感情を出すことによって、カメラマンの桑島さんのシャッターの速さが変わったりとか、カメラ越しの桑島さんの口角が上がる姿が見えたりとか。そういう少しの変化が、手を差し伸べてくれるような、あったかい気持ちになって、最後はほっとした涙に変わりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.