くらし情報『<綾野剛「楽園」インタビュー>“何もない僕”だった俳優デビュー時を回顧「人は人に見つめられて初めて人になる」』

2019年10月18日 08:00

<綾野剛「楽園」インタビュー>“何もない僕”だった俳優デビュー時を回顧「人は人に見つめられて初めて人になる」

【モデルプレス=2019/10/18】映画『楽園』(10月18日公開)に主演する俳優の綾野剛(37)が、モデルプレスのインタビューに応じた。

目次

・綾野剛“何もない僕”だった俳優デビュー時を回顧
・杉咲花と念願の再共演 綾野剛「あのCM」から注目していた
・気遣いの人・綾野剛、『楽園』現場では「肉祭り」
・綾野剛、祖母や母の“荷物を持つ理由”にきっと全女子が落ちる
・綾野剛が語る“夢を叶える秘訣”
・映画『楽園』ストーリー
・綾野剛(あやの・ごう)プロフィール


<綾野剛「楽園」インタビュー>“何もない僕”だった俳優デビュー時を回顧「人は人に見つめられて初めて人になる」

モデルプレスのインタビューに応じた綾野剛(C)モデルプレス


綾野剛“何もない僕”だった俳優デビュー時を回顧

ベストセラー作家・吉田修一氏の傑作小説「犯罪小説集」を、映画『64-ロクヨン-』などの瀬々敬久監督が映画化する今作は、青田に囲まれたY字路を舞台に、犯罪をめぐる“喪失”と“再生”を描く慟哭のヒューマン・サスペンス。

綾野が演じるのは、12年前にY字路で起こった少女失踪事件の容疑者として疑われ、追い詰められていく、中村豪士(たけし)。友人もおらず、偽ブランド品を売る母親の手伝いをしながら生きる孤独な青年だ。

役を“演じる”のではなく“生きる”という感覚で作品に臨む綾野にとって、豪士を“生きる”ことは辛くなかったのか?――そんな疑問が浮かんでしまうほど、豪士の孤独は苦しく映る。

しかし、その問いはすぐに否定され、「豪士は誰かに見つめられているわけでもなく、誰かに興味を持たれているわけでもない。自分の存在を認知されず、ずっと1人で何も変わらないと分かっているから、本人からすると苦しくない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.