くらし情報『りゅうちぇる、映画初出演「どうにかなりそうだった」<どすこい!すけひら>』

2019年10月18日 22:03

りゅうちぇる、映画初出演「どうにかなりそうだった」<どすこい!すけひら>

【モデルプレス=2019/10/18】女優の知英、タレントのりゅうちぇるが18日、都内で開催された映画「どすこい!すけひら」舞台挨拶付き試写会イベントに出席した。

りゅうちぇる、映画初出演「どうにかなりそうだった」<どすこい!すけひら>

りゅうちぇる (C)モデルプレス


りゅうちぇる、映画初出演の感想は?

本作は、元どすこいの鈍感女子・助平綾音(知英)の姿を通じて、人は見かけではないことを気づかせてくれるラブコメディ。りゅうちぇるは、綾音の友人であるフレッド・ミラーを演じている。この日はメガホンを取った宮脇亮監督も出席した。

映画初出演となったりゅうちぇるは、フレッド・ミラー役について「ちょっと僕と似ているところもあって。お芝居したというよりも、すごく楽しみながら。皆さんもすごく優しかったので、甘えさせてもらいながら、楽しく撮影させてもらいました」とニッコリ。

その一方で「とうとう僕も映画に出させていただけるんだあと思って、役名を聞いたら、フレッド・ミラー…。『僕、日本語しか喋れないんだけど、大丈夫ですか?』みたいな感じだったんだけど、フレッド・ミラーっていう役柄なのに、全然片言じゃなくてもOKで、バリバリ日本語の、ちょっと謎な感じだったんです(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.