くらし情報『南出凌嘉、菅田将暉の少年期役で映画「糸」出演』

2019年10月21日 14:08

南出凌嘉、菅田将暉の少年期役で映画「糸」出演

【モデルプレス=2019/10/21】俳優の南出凌嘉が、菅田将暉小松菜奈がW主演を務める映画『糸』(2020年4月24日公開)に出演することがわかった。

目次

・南出凌嘉、菅田将暉の“少年期”役で映画「糸」出演
・南出凌嘉(みなみで・りょうか)プロフィール


南出凌嘉、菅田将暉の少年期役で映画「糸」出演

南出凌嘉(C)2020映画『糸』製作委員会


南出凌嘉菅田将暉の“少年期”役で映画「糸」出演

中島みゆきの名曲「糸」に着想を得た今作は、平成元年に生まれた2人が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く、壮大な愛の物語。菅田が演じるのは、北海道で生まれ育ち、チーズ工房で働く青年・高橋漣。そんな漣と運命的に出逢いつつも中学生の時に離れ離れとなってしまう少女・園田葵を小松が担う。

その高橋漣の少年期役として出演する南出は、「13歳の漣くんはいろいろな経験をして人と出会い、さまざまな感情が溢れていたので、その隠したいけど隠せない感情表情をするのがとても難しかったですが、微妙な変化に気をつけて撮影に挑みました」と回想。

さらに「現場についていくのに精一杯でしたが、とても楽しかったです。僕も中学生で漣くんの気持ちがわかる気がして、自然体でできたのかなと思います。冬の撮影がまだ残っているので、瀬々(敬久)監督やスタッフさんたちと一緒に頑張ります!!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.