くらし情報『上白石萌音×佐藤健「恋はつづくよどこまでも」ドラマ化決定 ナース&“超ドS”ドクターのラブコメディ』

2019年11月13日 05:00

上白石萌音×佐藤健「恋はつづくよどこまでも」ドラマ化決定 ナース&“超ドS”ドクターのラブコメディ

【モデルプレス=2019/11/13】TBSでは、2020年1月スタートの火曜ドラマ枠で『恋はつづくよどこまでも』を放送することが決定。女優の上白石萌音が主演を務め、佐藤健と共演することがわかった。

目次

・上白石萌音、GP帯連続ドラマ初主演
・佐藤健、“超ドS”な「魔王」ドクターに
・上白石萌音コメント
・佐藤健コメント
・原作者・円城寺マキ コメント
・プロデューサー・宮崎真佐子コメント
・「恋はつづくよどこまでも」あらすじ


上白石萌音×佐藤健「恋はつづくよどこまでも」ドラマ化決定 ナース&“超ドS”ドクターのラブコメディ

上白石萌音佐藤健(C)TBS


原作は、小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキ氏による同名漫画で、女性を中心に人気の胸キュン・ラブコメディ。

ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師・天堂浬(てんどう・かいり)と出会った主人公・佐倉七瀬(さくら・ななせ)が、彼を追い看護師となり、見事再会するも、彼は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人の超ドSな人物だった。そんな天堂に憤慨しつつも、七瀬は仕事に恋にまっすぐ、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく、見ていて元気が出てくるストーリーとなっている。

上白石萌音、GP帯連続ドラマ初主演

主人公の新米ナース・佐倉七瀬を演じる上白石は、今回が初の看護師役。生と死がすぐそばにある医療の現場で懸命に働きながら、恋愛に対しても純粋で常に真っ直ぐな「勇者」のようなキャラクターを演じる。

作品の印象について「ラブコメディではありますが、人の心の動きがリアルで丁寧に描かれているなと台本を読んで思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.