くらし情報『剛力彩芽、1年半ぶりドラマ出演決定 「抱かれたい12人の女たち」で初の即興劇』

2019年11月13日 12:00

剛力彩芽、1年半ぶりドラマ出演決定 「抱かれたい12人の女たち」で初の即興劇

【モデルプレス=2019/11/13】女優の剛力彩芽が、山本耕史主演のドラマ「抱かれたい12人の女たち」(テレビ大阪、毎週土曜深夜1時26分~1時56分)の最終話(12月21日放送)にゲスト出演することが決定。約1年半ぶりのドラマ出演となる。

目次

・剛力彩芽、1年半ぶりドラマ出演
・奈緒・高橋ひとみの出演も決定
・剛力彩芽コメント
・奈緒コメント
・高橋ひとみコメント


剛力彩芽、1年半ぶりドラマ出演決定 「抱かれたい12人の女たち」で初の即興劇

剛力彩芽(C)「抱かれたい12人の女たち」製作委員会


剛力彩芽、1年半ぶりドラマ出演

同作は、山本演じるバーテンダーをゲスト女優たちが口説く即興恋愛ドラマ。最終話となる「女優Aを追う芸能記者の女(仮)」に登場する剛力は、女優Aを追っている大須賀彩という芸能記者役。クリスマスイブ、バーにやって来てマスターにおもむろに謝礼の入った封筒を渡し、ネタを提供してくれと言い出す。

やりとりをするうちに、心惹かれ始める彼女。クリスマスイブに「今夜だけ…」と悲しむ彼女のお願いに、マスターはどう返す…?という内容となる。

「即興劇は初めてで、緊張していたので前半はほとんど覚えていません(笑)」という剛力は、「役を通じてですが『あの子、バカだよね』とか世間が思っていること、今だから言える自分の気持ち、、?を言えたのはすっきりしました(笑)。違う人で自分のことを語る役を演じるのって難しいと思ったけれど、山本さんとだから出来たことで、即興劇だからこそ成り立ったことかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.