くらし情報『“アーティスト・菅田将暉”紅白初出場までの歩み 「さよならエレジー」「まちがいさがし」…米津玄師、あいみょん、石崎ひゅーいらも巻き込む魅力』

2019年11月14日 16:09

“アーティスト・菅田将暉”紅白初出場までの歩み 「さよならエレジー」「まちがいさがし」…米津玄師、あいみょん、石崎ひゅーいらも巻き込む魅力

【モデルプレス=2019/11/14】俳優だけでなく音楽アーティストとしても活躍している菅田将暉が14日、「第70回 NHK紅白歌合戦」に初出場することが発表された。これまでのアーティストとしての歩みを振り返る。

目次

・菅田将暉「さよならエレジー」で脚光を浴びる
・米津玄師とのコラボで社会現象を巻き起こす
・あいみょん、石崎ひゅーいなどアーティストとの交流も深い
・菅田将暉の紅白初出場に喜びの声


“アーティスト・菅田将暉”紅白初出場までの歩み 「さよならエレジー」「まちがいさがし」…米津玄師、あいみょん、石崎ひゅーいらも巻き込む魅力

菅田将暉(PHOTO:上飯坂一/提供写真)


菅田将暉「さよならエレジー」で脚光を浴びる

2017年、シングル「見たこともない景色」でソロ歌手デビューを果たした菅田。その音楽活動は、菅田の意欲を感じ取って、所属芸能プロダクションの社長が押し薦めたものだと5日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合/毎週火曜22:30~)にて明らかになった。

その後2018年1月期、自身も出演したドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)の主題歌として、シンガーソングライターの石崎ひゅーいが作詞作曲を手掛けた「さよならエレジー」をリリースし、アーティストとしてさらなる脚光を浴びた。俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)も出演して話題を集めたミュージックビデオは、14日現在でYoutube再生回数が8833万回を超えている。

米津玄師とのコラボで社会現象を巻き起こす

同年3月にリリースしたデビューアルバム『PLAY』では、アーティストの米津玄師が作詞作曲を務め、2人がコラボした楽曲「灰色と青(+菅田将暉)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.