くらし情報『玉城ティナ「何も見えていませんでした」努力の演技明かす<地獄少女>』

2019年11月16日 13:45

玉城ティナ「何も見えていませんでした」努力の演技明かす<地獄少女>

【モデルプレス=2019/11/16】女優の玉城ティナが16日、都内で行われた主演映画「地獄少女」(11月15日公開)の公開記念舞台挨拶に、共演の橋本マナミ森七菜、楽駆、仁村紗和大場美奈SKE48)、藤田富、メガホンをとった白石晃士監督とともに登壇した。

目次

・映画『地獄少女』
・白石晃士、玉城ティナを絶賛


玉城ティナ「何も見えていませんでした」努力の演技明かす<地獄少女>

玉城ティナ (C)モデルプレス


◆映画『地獄少女』

同作は、オリジナルテレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミカライズ(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、2.5次元舞台、そして、パチンコ台・パチスロ台化を含む「地獄少女」シリーズとして幅広く展開。都市伝説から始まる報復代行地獄送りホラーとなっている。玉城は主人公“地獄の復讐執行人”の閻魔あいを演じる。

白石晃士、玉城ティナを絶賛

玉城とは「貞子vs伽椰子」以来2度目のタッグになる白石監督。前作に比べて玉城は「素晴らしい役者さんになられていた」と語った白石監督は「今回はほとんどお任せでした。前は色々言ったのですが、今回は玉城さんが作ってきたキャラクターがほぼそのままだったので」と太鼓判を押した。

そんな玉城は「言われなさ過ぎて不安でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.