くらし情報『松下奈緒、どうしても許せないこととは?ディーン・フジオカも「分かります」<エンジェルサイン>』

2019年11月16日 21:15

松下奈緒、どうしても許せないこととは?ディーン・フジオカも「分かります」<エンジェルサイン>

【モデルプレス=2019/11/16】女優の松下奈緒、俳優のディーン・フジオカが16日、都内で開催された映画「エンジェルサイン」の舞台挨拶に出席した。

目次

・松下奈緒&ディーン・フジオカ、音楽界でも活躍の2人が共演
・ディーン・フジオカ、ドラマ『シャーロック』で演奏のヴァイオリン「難しい」
・ディーン・フジオカ、松下奈緒の前でピアノ演奏「プレッシャーとの戦いでした」


松下奈緒、どうしても許せないこととは?ディーン・フジオカも「分かります」<エンジェルサイン>

ディーン・フジオカ松下奈緒 (C)モデルプレス


松下奈緒ディーン・フジオカ、音楽界でも活躍の2人が共演

本作は、世界中から寄せられた「サイレントマンガオーディション」作品6888編の中から、アジア・ヨーロッパの受賞作品をオムニバス形式で映像化したもの。二人は「プロローグ」と「エピローグ」に、チェリストのアイカ(松下)、ピアニストのタカヤ(ディーン)として出演している。なお、劇中は一切のセリフがなく、サイレント作品となっている。

松下はチェロについて「触るのも初めてで、まあ難しかったです。ピアノ以外の楽器を、そんなにやったことがなかったので。でも、こういう機会じゃないとなかなか触る機会もないし、マスターすることもないと思った」とコメント。また、お互いにミュージシャンとしても活動していることを踏まえ「音楽をやっていると、どうしても吹き替えでやるっていうことが、自分の中で許せないところ、ないですか?」と問いかけ、これを受けたディーンは「分かります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.