くらし情報『前田敦子、”稀有な存在感”で最優秀女優賞「毎日ひたむきにやっていきたい」<第11回TAMA映画賞>』

2019年11月17日 20:31

前田敦子、”稀有な存在感”で最優秀女優賞「毎日ひたむきにやっていきたい」<第11回TAMA映画賞>

【モデルプレス=2019/11/17】17日、東京・中央大学多摩キャンパスで開催された映画ファンの祭典「第29回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」にて、「第11回TAMA映画賞」授賞式が行われ、最優秀女優賞を受賞した前田敦子が登壇した。

目次

・前田敦子、TAMA映画賞に7年ぶり凱旋
・「第11回TAMA映画賞」


前田敦子、”稀有な存在感”で最優秀女優賞「毎日ひたむきにやっていきたい」<第11回TAMA映画賞>

前田敦子(C)モデルプレス


前田敦子、TAMA映画賞に7年ぶり凱旋

『旅のおわり世界のはじまり』『葬式の名人』『町田くんの世界』などに出演した前田は、「『旅のおわり世界のはじまり』で演じた女性像は、女優・前田敦子の資質・魅力と鮮やかにシンクロし、稀有な存在感を放った」として、最優秀女優賞を受賞。

2012年に新進女優賞を受賞している前田は「初めての映画賞がこのTAMA映画賞だったので、今回こうしてまた帰ってくることができて本当に嬉しいです。ありがとうございます」と喜びをあらわに。

今年3月には夫である勝地涼との間に第1子が誕生したことを発表し、女優であり母でもある前田。今後の抱負を問われると、「今年は映画に一番参加させていただけた年だったのかなと思います。映画の世界ってすごく夢が詰まっていて、なんてワクワクするんだろうとやればやるほど思えるというか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.