くらし情報『山田孝之、初のシングルファザー役で主演「ステップ」映画化』

2019年11月20日 07:00

山田孝之、初のシングルファザー役で主演「ステップ」映画化

【モデルプレス=2019/11/20】俳優の山田孝之が映画『ステップ』(2020年4月3日公開)で主演を務めることがわかった。

目次

・山田孝之、初のシングルファザー役
・あらすじ
・山田孝之コメント
・飯塚健監督コメント
・重松清(原作)コメント


山田孝之、初のシングルファザー役で主演「ステップ」映画化

山田孝之(C)2020映画『ステップ』製作委員会


「とんび」「流星ワゴン」など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた小説家・重松清氏。その温かな眼差しゆえに映像化のオファーも絶えない中、連載終了から約十年の時を経て、累計発行部数8.5万部を超える「ステップ」を映画化。

今作は、結婚3年目の30歳の若さで妻に先立たれた主人公・健一とその娘・美紀が、彼らを取り巻く人たちとの交流の中で成長していく姿を描いた感動作。亡き妻を想い続け、不器用ながらも一歩一歩、ゆっくりと歩んでいく「のこされた人」の10年間の足跡は、誰もが心の奥底にある家族や命に関する経験を刺激し、共感を呼び、胸を打つ。

山田孝之、初のシングルファザー役

主演を務めるのは、数々の映画やテレビドラマなどへ出演し、実力、個性、人気ともに群を抜く存在感を放ち、名実ともに日本が世界に誇るカメレオン俳優と言っても過言ではない山田。本年ではNetflixで配信中のドラマ「全裸監督」での怪演が記憶に新しく、エキセントリックな役柄のイメージが広く浸透しているが、久しぶりに実年齢とも重なる等身大の男性、しかも初のシングルファザー役で、娘を育てながら自身も成長していく様を体現。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.