くらし情報『GENKING「二人して大号泣」性別適合手術で母と衝突した日々を回顧』

2019年11月19日 19:58

GENKING「二人して大号泣」性別適合手術で母と衝突した日々を回顧

【モデルプレス=2019/11/19】タレントのGENKINGが18日、自身のブログを更新。性別適合手術や戸籍変更について、実の母親から理解を得られるようになるまで葛藤した日々を振り返った。

目次

・GENKING「あの日は二人して大号泣」母への性別適合手術を振り返る
・GENKING、性別適合手術で女性へ 母親が心境告白


GENKING「二人して大号泣」性別適合手術で母と衝突した日々を回顧

GENKING(C)モデルプレス


GENKING「あの日は二人して大号泣」母への性別適合手術を振り返る

2017年5月28日にタイで性別適合手術を受け、同年7月には戸籍上の性別を女性に変更、本名も元輝(げんき)から沙奈(さな)に変更したGENKING

この日のブログでは、自身が誕生日を迎えたことを報告すると、前日である17日に母親から感謝のメールが届いたことを明かした。そして「私達の家族は普通じゃ味わえない色んな困難があったけど、1つずつ乗り越えて今があります」といい、自身を女手ひとつで育ててくれたという母親から、性別適合手術についての理解を得られるようになるまでを振り返った。

“性同一性障害”をカミングアウトし、"沢山喧嘩した”後、自身を受け入れてもらえないと悟ったGENKINGは、母親には何も告げずに性別適合手術を実行。

その後何ヶ月も会わない日々が続いたというが、戸籍変更の手続きに必要な戸籍謄本を取りに行くために実家に戻ると、いつもは玄関で出迎えてくれる母親が、奥の部屋で正座をし、寂しそうに座っていたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.