くらし情報『萩谷慧悟&須賀健太、キングコング西野亮廣脚本「えんとつ町のプペル」舞台出演決定に反響』

2019年11月20日 05:30

萩谷慧悟&須賀健太、キングコング西野亮廣脚本「えんとつ町のプペル」舞台出演決定に反響

【モデルプレス=2019/11/20】お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が脚本&監督を手掛けた絵本「えんとつ町のプペル」が、2020年1月に神戸・東京で舞台化することが決定。プペル役を萩谷慧悟、ルビッチ役を須賀健太が演じる。ネット上では反響が寄せられている。

目次

・西野亮廣脚本「えんとつ町のプペル」舞台化
・萩谷慧悟&須賀健太が出演
・ネット上で反響
・脚本:西野亮廣コメント
・プペル役:萩谷慧悟コメント
・ルビッチ役:須賀健太コメント


萩谷慧悟&須賀健太、キングコング西野亮廣脚本「えんとつ町のプペル」舞台出演決定に反響

「えんとつ町のプペル」(C)POUPELLE THE STAGE PROJECT 2020


西野亮廣脚本「えんとつ町のプペル」舞台化

今作は、西野が脚本&監督を務め、参加イラストレーター・クリエイターが総勢33名の完全分業制で作り上げた、オールカラー絵本作品。インターネット上で全ページを公開したことでも話題になり、2016年に発刊以来、累計発行部数40万部を記録。海外でも多数出版されており、2019年10月26日・27日にはフランス語版の出版を記念して「にしのあきひろ 光る絵本展 in エッフェル塔」を実施し、日本人として初めてエッフェル塔での展覧会を成功させた。

現在明らかになっているストーリーは西野の構想のうちわずか5分の1程度であり、今後のさらなる“プペルワールド”の展開に期待と注目が集まっている。映画化も決定し制作中となっており、今回上演される舞台化作品では、絵本から映画へつながるヒントも描かれる予定。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.