くらし情報『渋谷フクラス内「東急プラザ渋谷」12月5日開業 69店舗から注目テナントをレポート<全ショップ一覧>』

2019年12月3日 18:44

渋谷フクラス内「東急プラザ渋谷」12月5日開業 69店舗から注目テナントをレポート<全ショップ一覧>

【女子旅プレス=2019/12/03】東京・渋谷駅前の再開発ビル「渋谷フクラス」内の商業施設ゾーンに、新生「東急プラザ渋谷」が2019年12月5日(木)に開業する。3日、日本初上陸の「セラヴィ東京(CE LA VI TOKYO)」を含む全69テナントが出店する商業ゾーン等が初公開された。

目次

・新生「東急プラザ渋谷」が約4年ぶりグランドオープン
・1階:バスターミナルやスタバが出店
・2~4階:ファッション・雑貨・美容テナントが多数出店
・5階:ロボットと過ごす未来型カフェ「Pepper PARLOR」
・6階・7階:しゃぶしゃぶ、鰻、寿司、そば…多彩な食が集うグルメフロア
・17~18階:昼から深夜まで営業「セラヴィ東京(CE LA VI TOKYO)」
・「東急プラザ渋谷」施設概要
・セラヴィ東京(CE LA VI TOKYO)施設概要
・出店店舗一覧


渋谷フクラス内「東急プラザ渋谷」12月5日開業 69店舗から注目テナントをレポート<全ショップ一覧>

東急プラザ渋谷(C)モデルプレス


◆新生「東急プラザ渋谷」が約4年ぶりグランドオープン

“100年に1度”と言われる渋谷駅周辺の再開発に伴い、旧「東急プラザ渋谷」は49年間の営業期間を経て2015年3月に一度閉館。約4年ぶりに、若者の街というイメージが強い渋谷で「大人をたのしめる渋谷へ」をコンセプトに、テナントリストの9割程を一新。

シンガポールの「マリーナベイ・サンズ」にも店舗を構える、レストラン×クラブの総合エンターテイメントレストラン「セラヴィ(CE LA VI)」が日本初上陸したほか、京都発のしゃぶしゃぶ屋「京都 瓢斗(ひょうと)」や「ビームス ジャパン」が渋谷エリア初出店、人口ロボットが店員に交じって働くカフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」、「人気タピオカドリンク店「ジ アレイ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.