くらし情報『菅田将暉、歌番組でポケットに手を入れていた理由は?「反省を活かしての紅白」』

2020年1月21日 11:14

菅田将暉、歌番組でポケットに手を入れていた理由は?「反省を活かしての紅白」

【モデルプレス=2020/01/21】歌手で俳優の菅田将暉がパーソナリティーをつとめる「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/毎週月曜深夜1時~3時)が13日に放送。年末に出演した各音楽番組での裏話を明かした。

目次

・菅田将暉、ポケットに手を入れていた理由は?
・菅田将暉、反省活かしての「紅白」


菅田将暉、歌番組でポケットに手を入れていた理由は?「反省を活かしての紅白」

菅田将暉(C)モデルプレス


◆菅田将暉、ポケットに手を入れていた理由は?

昨年末、12月27日には「ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE 2019」(テレビ朝日)に、12月30日は「輝く!日本レコード大賞」(TBS)、そして大みそかには「第70回紅白歌合戦」(NHK)に出演していた菅田。各番組では、アーティストの米津玄師がプロデュースを手掛けた「まちがいさがし」を披露していた。

この日、番組ではリスナーからのお便りにて「ポケットに手を入れて歌っていた」という指摘のメールが届き、これについて菅田がコメントする場面があった。

菅田は、「僕は『Mステ』の時、ポケットに両手を入れて仁王立ちで歌っていたんですね。あれは何でかっていうのを説明させてもらうと、寒かったから!単純に」とポケットに手を入れていた理由を説明。

また、リハーサルではマイクを握って歌っていたそうだが「12月に握る外のマイク、冷たくて固まっちゃうんじゃないか?ってくらいで。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.