くらし情報『“オシャレすぎる男子高生”よしあき、不登校だった過去告白の初エッセイ重版決定』

2020年1月21日 20:11

“オシャレすぎる男子高生”よしあき、不登校だった過去告白の初エッセイ重版決定

【モデルプレス=2020/01/21】“オシャレすぎる男子高生”として注目を集めるよしあきの、自身初の書籍『友達ゼロで不登校だった僕が 世界一ハッピーな高校生になれたわけ』(2019年12月26日発売/KADOKAWA刊)。刊行より22日目で3刷りとなる重版が決定したことがわかった。

目次

・よしあきが「世界一ハッピーな高校生」になるまで
・“オシャレすぎる男子高生”よしあきとは?


“オシャレすぎる男子高生”よしあき、不登校だった過去告白の初エッセイ重版決定

よしあき『友達ゼロで不登校だった僕が 世界一ハッピーな高校生になれたわけ』(撮影:平野多呂)


◆よしあきが「世界一ハッピーな高校生」になるまで

台北で生まれ、小学1年の時に日本へと帰国。中性的な性格がからかいの対象となり、小学4年から不登校に。性別関係なく暴力を振るわれる。

学校に通っていない自分は「⼆度と普通になれない」と感じ、焦りといらだちから家庭内暴力を振るう。その後、父の暮らす台北で過ごしたが、14歳の時に帰国。フリースクールに通ったことが転機となり、自由な雰囲気環境に出会い、ファッションという夢中になれる物、原宿という「学校とは異なる居場所」をみつけられたことが、自信を取り戻すきっかけとなった。

そして高校受験に成功。高校では友だちもでき、モデルという自分の好きな仕事もできるようになった。学校では、殴るぞと言われれば平気な顔でヘルメットをかぶって相⼿を煽るまでに強さを手に入れていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.