くらし情報『「キャッツ」キャスト陣、葵わかなを絶賛「本当にかわいらしくてきれい」』

2020年1月22日 21:30

「キャッツ」キャスト陣、葵わかなを絶賛「本当にかわいらしくてきれい」

【モデルプレス=2020/01/22】映画「キャッツ」(1月24日公開)で日本語吹替えを担当した女優の葵わかなが22日、都内で行われた同作ジャパンプレミアに、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、大貫勇輔、大竹しのぶ、日本語吹替え版音楽プロデューサーの蔦谷好位置氏、主人公ヴィクトリアを演じるフランチェスカ・ヘイワード、メガホンをとったトム・フーパー監督、プロデューサーのデプラ・ヘイワード氏とともに出席した。

目次

・「キャッツ」世界最高峰の制作陣で実写化
・葵わかな、キャストを日本に迎え思い語る
・「キャッツ」は“誰の心にも共感できるテーマが詰まっている”


「キャッツ」キャスト陣、葵わかなを絶賛「本当にかわいらしくてきれい」

フランチェスカ・ヘイワード、葵わかな (C)モデルプレス


◆「キャッツ」世界最高峰の制作陣で実写化

同作は全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』をついに実写映画化。『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督をはじめ、製作総指揮に映画界の巨匠スティーヴン・スピルバーグ、ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーらがなどつらねるなど、世界最高峰の制作陣が集結した。

◆葵わかな、キャストを日本に迎え思い語る

英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルを務め、本作が映画初出演となるフランチェスカは「日本には何度も来ているんですけど、いつもいつも日本の方たちは温かく迎えていただいて、今夜もみなさんにお目にかかれて嬉しく思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.