くらし情報『ビリー・アイリッシュ、自殺を考えたことを告白 突然の名声により鬱に』

2020年1月25日 20:24

ビリー・アイリッシュ、自殺を考えたことを告白 突然の名声により鬱に

【モデルプレス=2020/01/25】米歌手のビリー・アイリッシュが23日(現地時間)、出演した米CBSの番組「ゲイル・キング・グラミー・スペシャル」にて、突然の名声により鬱に陥り、自殺を考えたことを告白した。

ビリー・アイリッシュ、自殺を考えたことを告白 突然の名声により鬱に

ビリー・アイリッシュ (Photo by Getty Images)


◆ビリー・アイリッシュ、名声により深刻な鬱に

ビリーは「bad guy」収録のデビューアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』の爆発的なヒットによって、瞬く間に世界のスターダムにのし上がった。日本時間27日(現地時間26日)に行われる「第62回グラミー賞」授賞式では、史上最年少で主要4部門全てにノミネートされている。

2019年に行われたインタビュー内でビリーは「私は去年(2018年)、本当に幸せじゃなかった。楽しくなかった」「再び幸せになれるとは思えなかった」と振り返った。

名声によって友人も失い、深く落ち込んだというビリー。「正直17歳までいけないと思っていた」とも語り、当時のベルリンでのツアー中を振り返り「ホテルの部屋に1人でいて、すぐそこに窓があって、泣いていたの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.