くらし情報『福本莉子、内面の重要性を語る 共演者は感心<パパがも一度恋をした>』

2020年1月27日 20:52

福本莉子、内面の重要性を語る 共演者は感心<パパがも一度恋をした>

【モデルプレス=2020/01/27】女優の福本莉子が27日、都内で開催されたオトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(2月1日スタート/毎週土曜よる11時40分~)制作発表に登場した。

目次

・福本莉子の回答に共演者が感心
・福本莉子「最悪ですよ…」
・小澤征悦「ただのコメディです」


福本莉子、内面の重要性を語る 共演者は感心<パパがも一度恋をした>

福本莉子(C)モデルプレス


阿部潤氏による同名コミックを実写化した今作は、3年前に最愛の妻・多恵子(本上まなみ)を亡くした山下吾郎(小澤征悦)、そして吾郎の1人娘・トモ(福本)の前に、“多恵子”だと名乗る全裸のおっさん(塚地武雅)が現れたことを機に巻き起こる家族のドラマを描く。この日は小澤、塚地、本上も出席した。

◆福本莉子の回答に共演者が感心

イベント後の囲み取材で、人の中身でも特にどんなことが大切かを聞かれた福本。「いくら仲がよくても、限度があるじゃないですか。ここまで言わないほうがいいとか。そういう誰に対しても、いくら仲がよくても、ちょっと気遣いの心を持てていると、やっぱりいいかなあって思います。節度」と大人な考えを明かして先輩たちを感心させていた。

同じ質問に小澤は「家族とか近い人に対して何が大事かって思うと、助け合う気持ち、あと支え会おうとする心。あとは認め合う(こと)」と持論を展開していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.