くらし情報『上白石萌音主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」第3話視聴率は10.2% 2週連続2桁を記録』

2020年1月29日 11:26

上白石萌音主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」第3話視聴率は10.2% 2週連続2桁を記録

【モデルプレス=2020/01/29】女優の上白石萌音がGP帯連続ドラマ初主演を務め、佐藤健と共演するTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜よる10時~)の第3話が28日に放送。29日、視聴率が発表された。

目次

・上白石萌音主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」
・「恋はつづくよどこまでも」第3話あらすじ


上白石萌音主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」第3話視聴率は10.2% 2週連続2桁を記録

上白石萌音、佐藤健(C)モデルプレス


第3話の平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、第2話の10.5%に続き、2週連続2桁を記録した。

◆上白石萌音主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

原作は、小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画。生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、超ドSドクターに一目ぼれをしたことでナースとなった主人公の恋と成長を描く、胸キュンラブストーリー。

偶然の出来事で運命の男性となるドクターと出会った主人公の新米ナース・佐倉七瀬を上白石が、そして七瀬が一目ぼれをした超ドSドクター・天堂浬を佐藤が演じる。

◆「恋はつづくよどこまでも」第3話あらすじ

佐倉が倒れたと聞きつけお見舞いにきた来生晃一(毎熊克哉)と、佐倉の部屋に忘れた鞄を取りに来た天堂浬が鉢合わせ。その状況に佐倉は動揺を隠せずにいた。

来生は、自分が佐倉を看病して、天堂に帰るように促すが、佐倉は部屋で天堂と一晩2人きりに…!?

翌日、目が覚めると天堂の姿はなく、病院ではいつも通り天堂に厳しく指導される日々。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.