くらし情報『吉沢亮「はぁ?と思って」監督に逆らった過去…広瀬すず「遅い反抗期だね」』

2020年3月17日 15:37

吉沢亮「はぁ?と思って」監督に逆らった過去…広瀬すず「遅い反抗期だね」

【モデルプレス=2020/03/17】俳優の吉沢亮と女優の広瀬すずが、17日放送のフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」(毎週月~金曜あさ4時55分)にVTR出演。自身の反抗期やカラオケの十八番について語った。

目次

・吉沢亮の“遅い反抗期”
・広瀬すずのカラオケの十八番は?
・吉沢亮&広瀬すずのトークに反響


吉沢亮「はぁ?と思って」監督に逆らった過去…広瀬すず「遅い反抗期だね」

広瀬すず、吉沢亮(C)モデルプレス


◆吉沢亮の“遅い反抗期”

学生時代の反抗期についてのトークでは、広瀬が父親に反抗した時期があるのに対し、吉沢は「僕は無かったですね」と話した。

4人兄弟の次男で、小学1年生から9年間剣道をやっていたという吉沢は、「親がとにかく怖かったので、うちの兄弟誰も反抗期無かったですね」と続け、「家に木刀とか竹刀とかいっぱいあるんですよ。反抗的な態度とかとったら、すぐ木刀とかバッて構えて、『何?言ってみろよ』みたいな感じで来るから『すいません…何でも無いです…』みたいな(笑)」と反抗できなかったエピソードを告白。

家族に反抗できなかった分、他の誰かに反抗した経験を尋ねられると、「20歳くらいの時に、めちゃくちゃ不良の役をやっていたんですよ」と振り返り、「衣装合わせをした時に、こんな感じかな~と思ってイメージでポケットに手を入れて監督の前に立ったら、『最近の若いやつはポケットから手出さねぇのかよ』とか言われて『はぁ?』と思って。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.