くらし情報『西島秀俊&内野聖陽「きのう何食べた?」映画化決定』

2020年3月27日 05:00

西島秀俊&内野聖陽「きのう何食べた?」映画化決定

【モデルプレス=2020/03/27】俳優の西島秀俊と内野聖陽がW主演を務めたドラマ『きのう何食べた?』が、2021年に映画化することが決定した。

西島秀俊&内野聖陽「きのう何食べた?」映画化決定

内野聖陽、西島秀俊(C)2021劇場版「きのう何食べた?」製作委員会


累計発行部数700万部(電子版含む)突破のよしながふみ氏による人気漫画を実写化した同作は、2019年4月クールにテレビ東京系にて放送されるや、Twitterの世界トレンド1位となり、さらに見逃し配信の再生数が全12話100万回再生を超え歴代最高記録を次々と更新。

また、調査開始以来、ドラマ24枠シリーズ平均でタイムシフト視聴率が歴代最高。「孤独のグルメSeason8」に次ぎ、総合視聴率は歴代2位タイ(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)。深夜ドラマ枠としては異例の大ヒットを記録した。

2LDKのアパートで同居する、料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)の毎日の食卓を通して浮かび上がる、男2人暮らしの人生の機微。その主人公2人の愛情ある温かな関係性が幅広い世代の女性から熱烈な支持を受け、最終回放送終了後には“何食べロス”となる人々が続出するほど人気を集めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.