くらし情報『神田うの、顔6針縫う怪我をしていた「もう終わったと思いました」』

2020年7月8日 17:08

神田うの、顔6針縫う怪我をしていた「もう終わったと思いました」

【モデルプレス=2020/07/08】女優でタレントの神田うのが8日、自身のInstagramを更新。5月末に顔を縫う怪我をしていたことを明かした。

神田うの、顔6針縫う怪我をしていた「もう終わったと思いました」

神田うの(C)モデルプレス


◆神田うの、顔6針縫う怪我眼帯姿でテレビ出演

神田は、7日放送のバラエティ番組「相席食堂」(朝日放送)に眼帯をした状態で出演。「『相席食堂』をご覧下さった方々 眼帯をしての出演にビックリさせてしまってごめんなさい。実は5月の末に、眉毛と目の間を6針縫うという顔に怪我をしてしまいまして…」と眼帯をしていた理由を告白。

番組出演は怪我をする前に受けた仕事だったため、眼帯をしての出演となったといい、「放送ではお見苦しくてすみませんでした」と謝罪。「怪我をした後のYouTube動画は怪我をする前に撮り溜めしていたものをアップロードして参りました。そしてインスタ写真はもっぱらお料理ばかりでようやく腫れが引いた段階で、怪我した場所を加工したり眼鏡をかけたりして何とかお顔出ししてきました」と説明した。

また、夕方には怪我をした後の動画を投稿することを事前に報告し「何故怪我をしてしまったのか 再現しながらご説明しているものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.