くらし情報『嵐・大野智、“絵に隠された文字”が話題「泣ける」「これぞ集大成」5年ぶり作品展開催』

2020年7月13日 16:32

嵐・大野智、“絵に隠された文字”が話題「泣ける」「これぞ集大成」5年ぶり作品展開催

【モデルプレス=2020/07/13】嵐の大野智が、5年ぶり3度目の作品展『FREESTYLE 2020 大野智 作品展』を開催することが決定。“絵に隠された文字”が話題となっている。

目次

・大野智、“絵に隠された文字”が話題
・大野智、5年ぶり3度目の作品展


嵐・大野智、“絵に隠された文字”が話題「泣ける」「これぞ集大成」5年ぶり作品展開催

◆大野智、“絵に隠された文字”が話題

作品展開催の発表とともに、自身の絵の前に座っている写真が公開された。

大野の独特なタッチで描かれた絵がびっしりと詰まっている中、大野らしい“嵐愛”に溢れた言葉が。櫻井翔の「翔」、相葉雅紀の「雅」、二宮和也の「和」、松本潤の「潤」とメンバーの名前が刻まれており、さらに中心近くには「嵐」の文字も。

この“絵に隠された文字”が「メンバーの名前が入ってる!」「泣ける…嵐愛に溢れすぎてる」「これだから大野智は最高」と話題に。「FREESTYLE2020」のキービジュアルには東京タワーとともに夜景が写されているが、「嵐カラーでもある5色になった時の東京タワーかな?」と予測する声も。

また今回の作品展では、大野の創作活動の集大成としていることから、「これは智くんの集大成でもあるし、嵐での集大成でもあるのかな」「やっぱり智くんにとって嵐は大事な存在なんだな…これぞ集大成!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.