くらし情報『伊藤健太郎「ほん怖」初出演で主演 稲垣吾郎の“ほん怖クラブ”も健在』

2020年9月24日 06:00

伊藤健太郎「ほん怖」初出演で主演 稲垣吾郎の“ほん怖クラブ”も健在

【モデルプレス=2020/09/24】俳優の伊藤健太郎が10月31日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2020特別編』(通称:ほん怖/よる9時~)に初出演。ドラマパートの一つ「探偵の手記」で主演を務めることが決定した。

目次

・伊藤健太郎「探偵の手記」で主演
・総合プロデュース・後藤博幸(フジテレビ第一制作室)コメント


伊藤健太郎「ほん怖」初出演で主演 稲垣吾郎の“ほん怖クラブ”も健在

伊藤健太郎(C)フジテレビ


実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメントの同番組。“夏の風物詩”が、今年はハロウィーンに帰ってくる。

同番組は、1999年に放送をスタートしたオムニバス形式の実録心霊ドラマ。一般の人の身に実際に起こった心霊体験を基に、心底怖いゾッとする恐怖と、その恐怖や不安に翻弄されつつも立ち向かっていく人々の姿を描く。ハロウィーンでの放送は21年間の同番組の歴史の中では初めてのこととなる。もちろん、稲垣吾郎をクラブリーダーとした“ほん怖クラブ”も健在だ。

◆伊藤健太郎「探偵の手記」で主演

「探偵の手記」で伊藤が演じるのは、探偵の仕事を始めて間もない棚橋和也(たなはし・かずや)。街にハロウィーンムードがあふれるある日、大森真司(おおもり・しんじ/勝村政信)が興信所を訪れる。元恋人である“髪の長い女”を調査してほしいというのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.