くらし情報『<神木隆之介インタビュー後編>眩しすぎる堀越時代を語る「うちのクラスだけでドラマ撮れる」志田未来は「人生で一番喧嘩した相手」』

2020年9月25日 00:00

<神木隆之介インタビュー後編>眩しすぎる堀越時代を語る「うちのクラスだけでドラマ撮れる」志田未来は「人生で一番喧嘩した相手」

【モデルプレス=2020/09/25】今年27歳にして“デビュー25周年”を迎え、名実ともに国民的俳優への成長を遂げた神木隆之介。25日に発売されたアニバーサリーブック『おもて神木/うら神木』のうち「うら神木」では、神木と親交の深い人物や母親との対談企画を通じてその飾らない素顔が明らかとなった。中でも堀越高校の同級生、中村隼人や志田未来とのそれぞれの対談は、共に青春を過ごした間柄とあって同窓会さながらの雰囲気に。モデルプレスのインタビュー《後編》では、なぜか「人生で一番喧嘩した相手(笑)」という志田との不思議な関係性、キラキラしすぎ!?な堀越時代について語ってくれた。

目次

・“神木隆之介の高校生活”が眩しい「うちのクラスだけでドラマが撮れる(笑)」
・志田未来は唯一無二のライバル「本当に面白い関係性」


<神木隆之介インタビュー後編>眩しすぎる堀越時代を語る「うちのクラスだけでドラマ撮れる」志田未来は「人生で一番喧嘩した相手」

神木隆之介(C)モデルプレス



◆“神木隆之介の高校生活”が眩しい「うちのクラスだけでドラマが撮れる(笑)」

高校時代の神木隆之介が、クラスメイトを笑わせたいがために馬のかぶりものをかぶって教室に登場したりと、圧倒的なムードメーカーだったことは知られたところ。特に中村隼人とは仲が良く、男子高校生ならではのおふざけで笑い合い、モテたいがためにバスケの練習に励んだかと思えば、校庭では山田涼介(Hey! Say! JUMP)が華麗にレイアップシュートを決めて女子の黄色い歓声を独り占め。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.