くらし情報『草なぎ剛「僕自身で良い」トランスジェンダーの主人公を演じた思い “元気になれるメッセージ”も<「ミッドナイトスワン」インタビュー>』

2020年9月25日 07:00

草なぎ剛「僕自身で良い」トランスジェンダーの主人公を演じた思い “元気になれるメッセージ”も<「ミッドナイトスワン」インタビュー>

【モデルプレス=2020/09/25】映画『ミッドナイトスワン』(9月25日公開)で主演を務めた俳優の草なぎ剛(くさなぎ・つよし/46)が、モデルプレスらのインタビューに応じた。これまで様々な役を演じてきた草なぎが今回挑んだのはトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)役。どのように役に向き合ったか、表現者として今伝えたいことを聞いた。

目次

・映画『ミッドナイトスワン』
・草なぎ剛、“母性”の演技は「理屈を考えてもできることじゃない」
・草なぎ剛、オーディションで抜擢された服部樹咲との共演
・草なぎ剛、トランスジェンダー役は「僕自身で良い」
・草なぎ剛、コロナ禍で感じたエンタメの役割
・映画『ミッドナイトスワン』
・草なぎ剛(くさなぎ・つよし)プロフィール


草なぎ剛「僕自身で良い」トランスジェンダーの主人公を演じた思い “元気になれるメッセージ”も<「ミッドナイトスワン」インタビュー>

モデルプレスのインタビューに応じた草なぎ剛(C)モデルプレス


◆映画『ミッドナイトスワン』

同作は、Netflix「全裸監督」が話題となっている内田英治監督による完全オリジナル脚本作品。心身の葛藤を抱え生きてきた凪沙と、親から愛を注がれることなく生きてきた少女・一果(いちか)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。

凪沙は故郷の広島を離れ東京、新宿を舞台に生きている。あるきっかけで親戚から預かった一人の少女と暮らす事になってしまった。母から愛を注がれずに生きてきた少女、一果と出会ったことにより孤独の中で生きてきた凪沙の心に今までにない感情が芽生える。一人生きてきた少女との出会い、自らの“性”の葛藤、実感した事の無かった“母性”の自覚を描く軌跡の物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.