くらし情報『E-girls石井杏奈主演、吉野朔実作品初の実写映画化決定<記憶の技法>』

2020年10月2日 08:00

E-girls石井杏奈主演、吉野朔実作品初の実写映画化決定<記憶の技法>

【モデルプレス=2020/10/02】心揺さぶる珠玉の傑作漫画を世に送り出し、2016年に急逝した吉野朔実原作の『記憶の技法』が、E-girlsのパフォーマーで女優の石井杏奈主演で、初の実写映画化となることが決定。11月27日より公開される。

E-girls石井杏奈主演、吉野朔実作品初の実写映画化決定<記憶の技法>

石井杏奈、栗原吾郎(C)吉野朔実・小学館/2020「記憶の技法」製作委員会


ファンにとっては待望の初の実写化が実現した映画『記憶の技法』は、巨匠・黒沢清監督の愛弟子として注目の気鋭女性監督、池田千尋が監督を務める。

東京に住むごく普通の女子高校生、鹿角華蓮(かづのかれん)(石井)は、幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまう奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。そんなある日、韓国への修学旅行のためにパスポート申請用の戸籍抄本を手にした華蓮は、自分に“由(ゆかり)”という姉がいたことを知る。

しかも由は4歳の時に死亡し、華蓮は“松本”という家から今の両親に引き取られた事実が判明。本当の親はどこにいるのか。なぜ、自分は養子として出されたのか。そのすべてを知りたい華蓮は嘘をついて修学旅行をキャンセルし、出生地の福岡へ旅立つ。そのルーツ探しに協力してくれた青い瞳を持つ同級生、穂刈怜(ほがりさとい)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.