くらし情報『吉田羊、実は“ダテメガネ”も「ないと裸で歩いているみたい」<第33回 日本メガネベストドレッサー賞>』

2020年10月27日 16:53

吉田羊、実は“ダテメガネ”も「ないと裸で歩いているみたい」<第33回 日本メガネベストドレッサー賞>

【モデルプレス=2020/10/27】女優の吉田羊が27日、東京ビッグサイトにて行われた「第33回 日本メガネベストドレッサー賞」表彰式に登壇。終了後、報道陣の取材に応じた。

吉田羊、実は“ダテメガネ”も「ないと裸で歩いているみたい」<第33回 日本メガネベストドレッサー賞>

吉田羊 (C)モデルプレス


芸能界部門を受賞した吉田。以前は目が悪かったため普通にメガネをかけていたそうだが、「レーシックで手術をしたので、今はダテメガネをかけさせていただいています」と説明した。

自身にとってメガネはコーディネートの一部で、「ファッションが足りないなというときにパッとかけるとうまく決まる」とアピール。「その日の気分で選ぶメガネも変わるので、その日のメガネで自分の気持ちを確認するという効果も」あるのだという。

また、「かけないと裸で歩いているみたいで恥ずかしくなるくらい」と明かすほど、ほぼ毎日メガネをかけて出かけるそうで、「忘れたときは取りに戻るくらい」とにっこり。「変装もかねて?」と聞かれると「うーん……そうですね(笑)」と告白して笑わせた。

好きなメガネはべっ甲柄のものだそうで、「べっ甲柄で同じような形を何本か持っています」と明かしていた。

◆第33回 日本メガネベストドレッサー賞

同賞は多数の業界関係者と一般消費者からの支持にもとづき選考された「今メガネのもっとも似合う各界の著名人」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.