くらし情報『稲垣吾郎「ほん怖」17年連続出演 史上初ハロウィーン放送への思い語る』

2020年10月31日 05:00

稲垣吾郎「ほん怖」17年連続出演 史上初ハロウィーン放送への思い語る

【モデルプレス=2020/10/31】稲垣吾郎が、31日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2020特別編』(21時~)に出演。あわせて同番組について語った。

目次

・稲垣吾郎「ほんとにあった怖い話」17年連続出演
・稲垣吾郎コメント


稲垣吾郎「ほん怖」17年連続出演 史上初ハロウィーン放送への思い語る

稲垣吾郎(C)フジテレビ


◆稲垣吾郎「ほんとにあった怖い話」17年連続出演

同番組は、一般の人の身に実際に起こった心霊体験を基に、心底怖いゾッとする恐怖と、その恐怖や不安に翻弄されつつも立ち向かっていく人々の姿を描くリアルホラーエンターテインメント。

今回は、新作ドラマの他に、視聴者から「もう一度見たい名作リマスター版」を募集。「深夜の鏡像」(2004年/神木隆之介主演)、「本が招く幽霊」(2004年/堀北真希主演)、「うしろの女」(2004年/長澤まさみ主演)、「断崖の下にて」(2006年/伊藤淳史主演)、「顔の道」(2009年/佐藤健主演)、「タクシードライバーは語る」(2014年/坂上忍主演)、「腕をちょうだい」(2014年/桐谷美玲主演)、「もう1人のエレベーター」(2016年/乃木坂46主演)が放送される。

そして2019年に20周年を迎えた同番組。今回のハロウィーンでの放送は21年間の『ほん怖』の歴史の中では初めてとなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.