くらし情報『「天国と地獄」第4話、殺人と数字の関係は?“登場人物の名前”に考察盛り上がる』

2021年2月7日 22:28

「天国と地獄」第4話、殺人と数字の関係は?“登場人物の名前”に考察盛り上がる

【モデルプレス=2021/02/07】女優の綾瀬はるか主演を務め、俳優の高橋一生が出演する日曜劇場「天国と地獄 ~サイコな2人~」(毎週日曜よる9時~/TBS系)の第4話が7日、放送された。新たな事実と予想の付かない展開に視聴者の考察が盛り上がっている。<※以下ネタバレあり>

目次

・「天国と地獄 ~サイコな2人~」殺人と数字の関係に考察盛り上がる
・深まる日高(高橋一生)の謎


「天国と地獄」第4話、殺人と数字の関係は?“登場人物の名前”に考察盛り上がる

高橋一生「天国と地獄 ~サイコな2人~」第4話より(C)TBS


◆「天国と地獄 ~サイコな2人~」殺人と数字の関係に考察盛り上がる

同作は、女性刑事・望月彩子(綾瀬)とサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋)の魂が入れ替わるというスイッチエンターテインメント。性別をはじめ職業や性格までも相反する2人の魂が逆転し、一瞬の判断ミスも許されないエキサイティングな展開が待ち受ける。

第3話は、日高が彩子の身体で猟奇的殺人を行うという衝撃的展開で終了。彩子<日高>は、コンクリートにスプレーで描かれた「4」の数字を見て「そうですか、終わりじゃなかったんですか…」とつぶやいて意味深な表情を見せてから殺害を実施しており、日高が何者かに指示されて殺人を行っている可能性が示唆されていた。

第4話では彩子<日高>がお風呂に入りながら、これまでの被害者は名前に数字が入っていることを示し(田所仁志=2、四方忠良=4)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.