くらし情報『衛藤美彩、幼少期の車椅子生活を振り返る「治ったのは奇跡」』

2021年2月9日 10:44

衛藤美彩、幼少期の車椅子生活を振り返る「治ったのは奇跡」

【モデルプレス=2021/02/09】元乃木坂46の衛藤美彩が9日、Instagramストーリーズを更新。車椅子生活をしていた幼少期を振り返った。

衛藤美彩、幼少期の車椅子生活を振り返る「治ったのは奇跡」

衛藤美彩(C)モデルプレス


◆衛藤美彩「生きてるって凄いこと」

この日、ファンからの様々な質問に回答した衛藤は、闘病中のファンからの「エールください」というコメントを受け、自身の幼少期を回顧。

「私も5歳のときに足の病気、骨肉腫の腫瘍ができ 手術をし、ずっと車椅子生活を送っていました」と明かした。

また「治ったのは奇跡だと思う。だから、生きてるって凄いこと」と想いをつづり、「辛い治療もたくさんあると思うけれど絶対に良くなります!!!絶対に乗り越えられますっ!!!」とエールを送った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.