くらし情報『磯村勇斗「珈琲いかがでしょう」謎の男役に意気込み “汚れ感”意識の金髪ビジュアルにもこだわり』

2021年2月22日 14:00

磯村勇斗「珈琲いかがでしょう」謎の男役に意気込み “汚れ感”意識の金髪ビジュアルにもこだわり

【モデルプレス=2021/02/22】中村倫也が主演を務める2021年放送のテレビ東京系連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(4月5日放送スタート)にメインキャストとして出演する磯村勇斗が報道陣の取材に応じ、俳優としてのこだわりを語った。

目次

・人気漫画を実写化「珈琲いかがでしょう」
・磯村勇斗、役作りで金髪に 「今日俺」相良との差別化語る


磯村勇斗「珈琲いかがでしょう」謎の男役に意気込み “汚れ感”意識の金髪ビジュアルにもこだわり

磯村勇斗 (C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会


◆人気漫画を実写化「珈琲いかがでしょう」

「凪のお暇」などで知られるコナリミサト氏の人気漫画「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)を実写化した同作。中村は、街から街へ、行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく移動珈琲屋の店主・青山一(あおやま・はじめ)を演じ、磯村は、青山の過去に深く関わる謎の男・杉三平(通称:ぺい)役。

役柄について、磯村は「最初の登場からのシーンでは、怖さといいますか、何を考えているのか分からないといいますか、“青山を探しているただのチンピラ”に見えると思います」と紹介。「ぺいはぺいなりに青山に対しての本来の目的があるのですが、それをバレないように憎たらしく、悪くやらなきゃいけないので」といい、「本来の目的と、表面側がリンクしていないところが難しいところかなと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.