くらし情報『竹内涼真、“やりすぎてしまったこと”告白<太陽は動かない>』

2021年2月24日 01:18

竹内涼真、“やりすぎてしまったこと”告白<太陽は動かない>

【モデルプレス=2021/02/24】俳優の竹内涼真が23日、都内で開催された「ミッション!全国のバディと繋がれ!映画『太陽は動かない』生中継イベント」に共演の藤原竜也とともに出席。「やりすぎてしまったと思ったこと」を告白した。

竹内涼真、“やりすぎてしまったこと”告白<太陽は動かない>

生中継イベントに出席した竹内涼真 (C)モデルプレス


3月5日公開の本作は、人気小説家・吉田修一氏によるサスペンス小説の実写化。謎の組織「AN通信」のエージェント・鷹野一彦(藤原)が、後輩で相棒の田岡亮一(竹内)とともに、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちと命がけの頭脳戦を繰り広げる姿を描く。

◆竹内涼真、“やりすぎてしまった”ことは?「オセロみたいになっちゃって…」

本作で、やりすぎなのではないかというくらいアクションに挑戦していることにちなみ「やりすぎてしまったと思ったこと」を質問された竹内は、「今やっているドラマで、脱ぐシーンがあったんですよ」と現在放送中の主演ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ×Hulu共同製作)でのエピソードを披露。「ヒロインが中条あやみさんなんですけど、彼女と並んだときに、(肌を)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.