SHIHO、スタイルキープ法・美肌の秘訣を語る モデルプレスインタビュー<前編>

2013年2月26日 10:24
 

モデルプレスのインタビューに応じたSHIHO

モデルプレスのインタビューに応じたSHIHO

モデルのSHIHOが “全身やせ”のトリニティスリムシリーズ最新刊「トリニティスリム“全身やせ”ライフ(ハートマーク)」を2月26日に発売した。モデルプレスは彼女にインタビューを行い、同書への想いやスタイルキープ法、さらには子育てまで幅広く質問を投げかけ、女性の憧れであり続ける彼女の生き方に迫った。

【さらに写真を見る】産後-10kgから、さらに-5kgを実現!引き締まったくびれを誇るSHIHO、スタイルキープ法・美肌の秘訣を語る

◆産後-10kgから、さらに-5kgを実現

―「トリニティスリム“全身やせ”ライフ(ハートマーク)」の発売おめでとうございます。昨年7月に発売された「トリニティスリム“全身やせ”ストレッチ」と合わせて、シリーズ累計20万部突破と伺いましたが、“全身やせ”のトリニティスリムシリーズを制作する上でこだわり抜いたポイントはありますか?

SHIHO:自分が実際にやっていること、体験して良いと思ったことがわかりやすく伝わるように、内容から写真、文章、デザインなどすべてに関わり、細かくスタッフと相談しながら作りました。

そして今回のライフ(ハートマーク)は前回のストレッチより簡単。体を動かす、というよりも日常生活の中でできる体を意識するコツ、“全身やせ”しやすくなるコツをまとめました。運動が苦手な人はもちろん、“全身やせ”ストレッチをより効果的に行いたい人にもおすすめです。

―2011年10月に長女を出産後、前回の著書に書かれた“腸腰筋を意識して、姿勢を正す”という独自のメソッドで2ヶ月・10kgの減量に成功。その後も仕事と子育て、家事を両立させながら、さらに5kgの減量を実現し、妊娠前よりもスリムな体になれたそうですね。その方法が今回の著書にまとめられているということですが、具体的に教えていただけますか?

SHIHO:正しい姿勢作りのベースとなる“呼吸”と“お腹=腹凹筋”への意識をちょっと工夫することです。正しい姿勢って胸を張りがちですが、胸を張るのではなくて肩を落としてお腹を引き上げて上体をまっすぐ立たせるイメージです。…とは言いつつもやはり言葉では伝えづらいですね。そこで登場するのがこの本についているベルト、名付けて“腹凹(はらぺこ)ベルト”。付けるとお腹への意識が高まり、背筋が伸びてお腹を凹ませる感覚が自然と身に付いてきます。―それが“全身やせ”しやすくなる秘密の道具ということですね。しかし、なぜそれが痩せることにつながるのですか?

SHIHO:体は内側にある骨格を整え、それらを支える筋肉を鍛えてこそ美しく引き締まり、ボディラインが変わってきます。つまり正しい姿勢をキープするための体作りが必要なんです。腹凹ベルトを付けて、「呼吸」と「腹凹筋」を意識して生活すると、姿勢に気をつけるようになります。また、深い呼吸は、体の中のリンパや血液など循環をよくするのはもちろん、正しい姿勢作りに必要な肩の力を抜くことに役立ちます。お腹を意識して使えるようになってくると、上体を支えるだけでなく、無駄な力が抜けてゆがみやクセの改善にもつながります。体の中が変われば、太りにくい“全身やせ”しやすい体になるというわけです。

―なるほど!時間がない人には特にオススメですね。

SHIHO:はい、私も産後の体型戻しが落ち着いてから、家事と子育て、仕事で本当に忙しくて時間がなくてほとんど運動ができていないんです。でもこの新刊本にまとめた「呼吸」と「腹凹筋」を意識して正しい姿勢をキープするように心がけているおかげで痩せることができたので、多くの人に紹介したいと思いました。

◆スタイルキープの秘訣は“過ぎない”

―ファンの方もきっと喜んでいると思います。SHIHOさんは現在、これ以外にスタイルをキープするために日々実践していることはありますか?

SHIHO:できるだけ1~2週間に1回は1時間トレーニングをするようにしています。あとは食事で食べ過ぎないこと。何でも“過ぎない”ことが大切だと思っていて、頑張り過ぎない、寝過ぎない、働き過ぎない、休み過ぎないっていう生活を心がけています。

―では食事においては、食べ過ぎない程度にジャンクフードなども食べられますか?

SHIHO:そうですね。でもジャンクフードを食べると胃もたれすることが多いので、食べる機会は本当に少ないですが、野菜中心というわけでもないんです。朝はローフード、お昼は三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質、夜は旬のものを食べるようにしています。

あと食べ過ぎちゃうって悩みがある人にも“腹凹ベルト”はオススメ!食べ過ぎると苦しくなるから食欲に歯止めが効くの。私の母も付けていますが「これ食べすぎなくていいね」って言っていました。◆可愛く綺麗であり続けるために…

―ありがとうございます。では美肌の秘訣も教えてください。

SHIHO:三食きちんと食べる。しっかり睡眠を取る。便秘をしない。適度な運動をする。常に笑顔でいる。基本的なスキンケアを怠らない。この6つを意識して生活していると肌の調子が良いですね。例えば、便秘になると吹き出物が出たり、睡眠不足になるとクマができたり毛穴が開いたり顔色が悪くなったり。そして笑顔でいないとシワができたり…この6つを守ることが美肌の秘訣です。

―女性として大きなくくりの質問になりますが、可愛く綺麗であり続けるために意識していることはありますか?

SHIHO:自分の理想を持つことですね。どんな人になりたいのか、どういう生き方がしたいのか、どういうカラダになりたいのかなど、やっぱり理想がないと何をしたらいいのかわからなくなるし、流されやすくなって、自分らしさもなくなる。だからこそ明確なビジョンを持つことは必要だと思います。

―ちなみにSHIHOさんはどのような理想を持っていますか?

SHIHO:心身ともにしなやかで健康的、女性の柔らかさと強さを持ち合わせた人になりたいと思っています。そしていつもハッピーで周りの人も笑顔にできるような人が理想ですね。

☆後編に続きます。(モデルプレス)

SHIHO、子育て・夫婦円満の秘訣を語るモデルプレスインタビュー<後編>
http://mdpr.jp/diet/detail/1226874

■「トリニティスリム“全身やせ”ライフ(ハートマーク)」
発売日:2月26日
ページ数:20ページ
サイズ:B5変型
2大付録:腹凹ベルト&“全身やせ”ストレッチ早見表
発行:SDP

シリーズ累計20万部突破のトリニティスリムより、“呼吸”と“腹凹筋”を意識して日常生活を過ごすと“全身やせ”しやすくなる簡単メソッドをまとめた最新刊。お腹を凹ます「腹凹(ハラペコ)ベルト」付き。

<コンテンツ>
いつでもどこでもできるシチュエーション別に“呼吸”と“腹凹筋”を意識するコツと超簡単エクササイズを紹介
1.立っているとき
2.座っているとき
3.歩いているとき
4.横になっているとき

SHIHO(しほ)プロフィール
1976年6月6日生まれ、滋賀県出身。17歳でモデルデビューし、数多くの女性誌で活躍。第一子を出産後の現在も、雑誌のほか、TV・CM・ラジオにと幅広く活躍中。また、ヨガをはじめ、多くの美容法やエクササイズにも精通しており、出版タイトルも多数。
元の記事を読む

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.