くらし情報『夫が失踪……気持ちを変えたのは家族の声でした』

2016年10月13日 22:06

夫が失踪……気持ちを変えたのは家族の声でした

誰からも「優しい人」と言われながらも少し頑固なところがあった夫と、何でもきっちり管理したがる小うるさい妻…夫がいなくなるまでは「よくある夫婦のカタチ」と思っていました。

日本の「行方不明者届」の数は年間8万件を超えるそうです。でもまさか自分の家族が、自分の夫が、そのうちの1人になるとは……

どういう想いで失踪してしまったのか……夫を“日常”に戻したのは、家族の声でした。

夫が失踪……気持ちを変えたのは家族の声でした


夫が行方不明になった日

夫の誕生日、人生が大きく変わりました。あの日、サラリーマンの夫はいつも通り「行ってきます」と言って出かけました。パート勤めの私も家事を済ませ出勤。

駅へ急ぐ私の携帯に、夫の会社から「彼がまだ会社に来ていない。連絡もつかなくて困っている」と電話がかかってきました。夫に電話をかけるもコール音は鳴りますが一向に出ません。まじめな夫ですが、まさかどこかでサボっているのか……

最初に感じたのは苛立ちでした。「何やってるの!?」時間が経つにつれ苛立ちは怒りに変わり、責め口調で何度もメールを送るものの反応なし。

そのうち夫の母からも「息子が会社に行っていないようだ」という電話が入り、少しずつ不安になり始めます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.