くらし情報『チャイルドシートの前向きは危険! 新生児を乗せる前に気をつけること』

2018年6月6日 07:00

チャイルドシートの前向きは危険! 新生児を乗せる前に気をつけること

目次

・チャイルドシートの「前向き」「後ろ向き」とは?
・チャイルドシートの設置方法
・まとめ
チャイルドシートの前向きは危険!新生児を乗せる前に気をつけること

赤ちゃんや子どもの安全を守るために必要なチャイルドシート。子どもを車に乗せるときには、ドライバーに使用が義務づけられています。

そんなチャイルドシートには、タイプが2種類あることをご存知でしょうか。今回は、いつからどのタイプのチャイルドシートを使えばいいのかをご紹介いたします。

チャイルドシートの「前向き」「後ろ向き」とは?

チャイルドシートには、「前向きタイプ」と「後ろ向きタイプ」の2種類があります。これは、座った赤ちゃん、子どもの向きのこと。前向きは大人と同様フロントガラスを向いた状態に、後ろ向きは背を向けた状態になります。

新生児、乳児は必ず後ろ向き
チャイルドシートは新生児から使用するのが義務です。後ろ向きに設置したチャイルドシートに寝かせるようにして乗車させましょう。

生まれたての赤ちゃんは首がすわらず、骨格も安定していません。そのため、万一事故などで衝撃を受けた際に、体の中でもっとも広い面積をもつ背中で衝撃を受け止めるほうが、体への負荷を分散させられるんです。

前向きで乗せられるのはいつから?
前向きチャイルドシートに乗せるタイミングは、月齢や年齢よりも赤ちゃんの体重を重視して判断します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.