くらし情報『母子手帳をもらうには妊娠届出書が必要! 書きかたや交付方法などの流れ』

2018年7月8日 10:00

母子手帳をもらうには妊娠届出書が必要! 書きかたや交付方法などの流れ

母子手帳をもらうには妊娠届出書が必要! 書きかたや交付方法などの流れ

妊娠中から子どもの成長まで記録していく母子健康手帳、いわゆる「母子手帳」はお母さんとお子さんにとって大切なもの。

この母子手帳を地方自治体から交付してもらうためには、「妊娠届出書」が必要だということをご存知ですか?

妊娠届出書とは?

妊娠届出書とは、妊娠していることを証明するための書類です。母子手帳や妊婦健康診査受信表など、出産や子育てに対するサポートを受けるためにも必要なものです。

妊娠届出書は何に使う?
妊娠届出書は母子手帳発行と同時に、妊婦健康診査にかかる費用が助成される補助券となる、妊婦健康診査受診票を発行してもらえます。

地方自治体によって異なりますが、例えば目黒の場合だと、妊娠届出書を提出されたかたには、母子健康手帳と一緒に「母と子の保健バック」を交付しています。「母と子の保健バック」の中には妊婦健康診査受診票、マタニティホルダー、妊娠中、出産後の案内等お母さんの安心に繋がるグッズや情報が入っています。

母子手帳交付と同時に「父子健康手帳」や「新生児聴覚検査受診票」を交付してくれる地方自治体もあるようです。

妊娠届出書の受け取りかたと書きかた

妊娠届出書は、主に地方自治体の窓口や、産婦人科などの医療機関で取得できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.