くらし情報『共働き夫婦の住宅ローンは3種類! 特徴とメリット・デメリット』

共働き夫婦の住宅ローンは3種類! 特徴とメリット・デメリット

2018年2月20日 07:00
 

目次

・1. 共働き夫婦の住宅ローンは3種類
・2. それぞれのメリット・デメリット
・3. 「片方の収入がなくなった」「離婚した」ときは
共働き夫婦の住宅ローンは3種類!特徴とメリット・デメリット

「念願だったマイホームをいよいよ購入したい!」

そんなときに考えるのが住宅ローンですよね。もともと、住宅ローンの借り主の多くは夫でした。しかし共働きが一般的である今、さまざまな借りかたがあるのをご存知ですか?

今回は「共働き夫婦のため」の住宅ローンについてご紹介します。

1. 共働き夫婦の住宅ローンは3種類

共働き夫婦の住宅ローンには、「連帯保証」・「連帯債務」・「ペアローン」があります。主の債務者を「夫」としたこの3つの特徴は以下のとおり。

連帯保証
夫婦の収入を合わせた「収入合算」で、夫が住宅ローンを組む債務者となり、妻が連帯保証人になります。夫の返済が滞った場合は、妻に返済の義務が生じます。

連帯債務
夫婦の収入を合わせた「収入合算」で、夫が主債務者となり、妻が連帯債務者となります。住宅ローンを夫婦で借りる形になるので、夫婦どちらも同額の返済義務を負うことになります。

ペアローン
夫婦がそれぞれ別の住宅ローンを組みます。夫のローンの連帯保証人は妻となり、妻のローンの連帯保証人は夫となります。返済が滞った場合は、連帯保証人に返済の義務が生じます。

2. それぞれのメリット・デメリット

3種類の借りかたのメリット・デメリットをご紹介します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.