くらし情報『離婚する夫婦としない夫婦の違いとは? 関係維持のためにできること』

離婚する夫婦としない夫婦の違いとは? 関係維持のためにできること

2018年3月11日 10:00
 

離婚する夫婦としない夫婦の違いとは?関係維持のためにできること

離婚をする夫婦が珍しくなくなった昨今。「自分たちは大丈夫」そう思っていても、対岸の火事だと言い切るのは、難しいのではないでしょうか。

しかし縁あって夫婦になれたわけですから、ずっと円満な関係を保ちたいですよね。離婚に至った夫婦の特徴から、何ができるのか考えてみましょう。

1. 離婚した夫婦に「なかったもの」とは

ブライダル総研(株式会社陸ロートマーケティングパートナーズ)が、離婚経験者・有配偶者別に実施した離婚に関する調査のなかで、「結婚のスタート時にあったこと・深まったこと」という質問があります。

結婚してから深まったと感じることで、夫婦の関係を維持できている人のほうが高い項目があれば、それが結婚生活を維持するための要素であるはず。さらに、その差が大きければ大きいほど、より大切なことであると考えられます。

双方の差が大きかった上位7つの項目は以下のとおり。

  • 自分の性格を理解してもらう
  • 自分と配偶者の家族が親しくなる
  • 相手の親族や友人を知る
  • ふたりの金銭感覚をすり合わせる
  • 配偶者と自分の家族が親しくなる
  • 自分の親族や友人を知ってもらう
  • ふたりの価値観をすり合わせる
  • こうして見ると、周囲の人間関係を含めて「自分のことを知ってほしい」

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.