くらし情報『30代夫婦の平均貯金額はいくら?  専業・共働き別の理想の貯金額とは』

2018年8月20日 10:00

30代夫婦の平均貯金額はいくら?  専業・共働き別の理想の貯金額とは

パートタイム
一方、妻がパートタイムで勤務している場合、妻の年収は配偶者特別控除枠の上限の103万円までという場合が大半でしょう。

その場合の夫婦の平均年収は586万円です。

専業主婦
妻が専業主婦の場合、男性の平均年収487万円が、そのまま世帯平均年収となります。

手取りから貯金に回すお金の割合は?

30代夫婦の平均貯金額はいくら?  専業・共働き別の理想の貯金額とは「家計の金融行動に関する世論調査」によると、30代が手取りから貯金に回す金額の割合のうち、もっとも多いのは10~15%未満。全体の21.8%となりました。次いで35%以上(16.2%)、25~25%(14%)となっています。

一方、「貯蓄しなかった」と答えた人も14.8%。堅実に貯金をしている人たちがいる一方で、なかなか貯金ができていない人も一定以上いることがわかります。このなかには、子どもの幼稚園代など、出費がかさむ時期がかさなり、貯金が難しかったという人もいるでしょう。

30代世帯の平均貯金額
同調査によると、30代世帯の平均預貯金額は617万円。全世帯の平均額は776万円です。

30代世帯の投資・金融資産保有額
30代世帯の金融資産保有額は957万円です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.