くらし情報『介護保険サービスには何がある? 種類・内容・料金まとめ』

2019年1月29日 20:30

介護保険サービスには何がある? 種類・内容・料金まとめ

目次

・公的介護保険制度で受けられるサービスの種類
・介護保険サービス費用の自己負担割合
・居宅サービスの内容と利用料金
・施設サービスの内容と利用料金
・地域密着型サービスの内容と利用料金
・状況に応じた公的サービスを選んで介護の負担を軽減
介護保険サービスには何がある? 種類・内容・料金まとめ

公的介護保険の制度は、要介護(支援)の認定を受けると、介護保険サービス費用の給付が受けられる仕組みです。対象となるサービスの範囲は限定されているので、きちんと把握したうえで、介護の計画を立てる必要があります。

ここでは、介護保険サービスの種類や内容、自己負担費用についてまとめました。ぜひ、どんなサービスを利用するか検討するときの、ひとつのめやすにしてください!

公的介護保険制度で受けられるサービスの種類

公的介護保険制度によるサービスは、大きく、

  • 居宅サービス
  • 施設サービス
  • 地域密着型サービス
の3つに分けられ、要介護(支援)度によって受けられるサービスや、利用料の限度額が異なります。

要介護1~5に認定された人が受けられるサービスを「介護サービス」と呼び、利用料金に応じた「介護給付」が支給されます。要支援1~2に認定された場合、受けられるのは要介護状態への移行を予防するための「介護予防サービス」です。利用料金に応じて「予防給付」が受給できます。

要介護(支援)認定を受けていない人や、申請の結果該当しないと判定された人は、介護保険によるサービス利用ができません。代わりに、地域支援事業によるサービスや保健福祉サービスを受けることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.