くらし情報『介護予防サービスの種類と目的とは? 介護予防を行う意味』

2019年1月30日 20:30

介護予防サービスの種類と目的とは? 介護予防を行う意味

目次

・介護予防サービスとは
・介護予防のためのケアプラン
・自宅で受けられる訪問サービス
・施設に通って受けられるサービス
・宿泊して受けられる介護予防サービス
・自宅で始める介護予防
介護予防サービスの種類と目的とは? 介護予防を行う意味

平成18年に介護保険法が改正され、「介護予防」の考え方やサービスが導入されました。高齢者が増加するなか、介護を必要とせずに自立した老後を送れるように、国や自治体が支援しています。

上手にサービスを利用して、気持ちよく楽しい老後を過ごせるように、家族もサービスの概要を知ることが大切です。今回は、親御さんにいつまでも元気でいてもらいたいと思っている人のために、介護予防のサービスについてご紹介します。

介護予防サービスとは

介護予防サービスとは、これから増加していく高齢者のために、介護が必要にならないよう、主に市町村が提供するサービスです。地域の実情に合わせて、地域全体で助け合いながら、介護が必要な状態にならないように高齢者をサポートしていきます。

介護予防とは
介護予防は、次の2つを目的としています。

  • 高齢になっても自立して生活できるよう、要介護状態になることを予防する
  • 要介護になっている人がリハビリテーションで、できることを少しずつ増やしていく
生活機能を改善するだけではなく、活動できる場や参加できるイベントなどを企画し、生きがいや自己実現など、生きる目的を持って楽しく過ごせる環境づくりを目指しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.