くらし情報『頼みづらい依頼に…知っておきたい「クッション言葉」3選』

2018年5月17日 17:00

頼みづらい依頼に…知っておきたい「クッション言葉」3選

頼みづらい依頼に…知っておきたい「クッション言葉」3選

ビジネスパーソンなら、言いにくいことを言わなければならない場面もありますよね。
そんなとき、ストレートに伝えるのではなく、ワンクッション和らげるような言葉を添えるだけで相手への印象がガラリと変わるものです。
この一言を“クッション言葉”と呼び、コールセンターの研修などではまず最初に学ぶ内容となっています。そこで今回は、企業のマナー講師の経験もある筆者が、頼みづらい依頼に添えるべき“クッション言葉”を3つご紹介します。

依頼時の「基本ポイント」

上司やクライアントなどを問わず、依頼時には「〜してください」ではなく「〜していただけますか?」といった言い方をすると印象がグッと良くなります。「〜してください」というのは“命令形”にあたるので、やや強い印象になってしまいます。それに比べ「〜していただけますか?」というのは“依頼形”なので、柔らかい印象になりますよね。
依頼形にして、さらにクッション言葉を付け加えることで相手への依頼がスムーズに伝わるようになるのです。

フレーズ1:「“お手数をおかけしますが”よろしくお願いいたします」

まずは最後に付け加えることで、頼みづらい依頼もやんわりとした印象へ変えることができるクッション言葉をご紹介します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.