くらし情報『【FPが解説】自己負担は○○万円!結婚資金はいくら必要?』

2018年6月30日 20:00

【FPが解説】自己負担は○○万円!結婚資金はいくら必要?

【FPが解説】自己負担は○○万円!結婚資金はいくら必要?

彼との結婚を考えた時、どういう暮らしになるだろう?と考えながら「結婚式ってどのくらいかかるのかな。私の貯金、見直さなきゃ」と焦った方いるのではないでしょうか。
今回は、お金が心配なアラサー世代の結婚費用のお悩み、ファイナンシャルプランナーの筆者と一緒に解決していきましょう。

結納から新居まで、結婚のイベントっていくらかかる?

結納から結婚式・披露宴、新婚旅行、お祝い返し、新居まで、ざっと結婚のイベントを出してみると思ったよりたくさんあるなと感じた方もいると思います。
まず、結婚イベントってそれぞれどのくらいかかるか、順を追って確認してみましょう。(ゼクシィ2017年度調査・全て全国平均額)

両家顔合わせ会場費:6.2万円

結納・会場費:18.3万円
結納金:50万~150万円

婚約指輪:35.4万円

結婚式遠方招待客の交通・宿泊費:10万円
主賓や受付へのお礼・お車代:10万円

結婚式、披露宴等:354.8万円
(内訳は挙式料30.4万円、料理・飲み物122.6万円、引き出物34..4万円、新郎新婦衣装62.8万円、写真・ビデオ撮影66万円、花21.4万円、司会6.8万円、エステ8.5万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.