くらし情報『【カリスマ書店員が推薦】雨の日に読んでほしい4冊とは?』

2018年7月6日 19:00

【カリスマ書店員が推薦】雨の日に読んでほしい4冊とは?

【カリスマ書店員が推薦】雨の日に読んでほしい4冊とは?

「彼女が推す本は必ず売れる」と言われるほど、本への知識と愛に溢れ、多くの作家から信頼を寄せられる書店員、新井見枝香さん。半年で、一番面白かった本をたったひとりで選び、勝手に表彰してしまうという、新井さん自らが作った『新井賞』は、読書家の間ではとても有名。
受賞した本を陳列したところ、直木賞、芥川賞作品より売れてしまった!などという、業界を驚かす数々のエピソードを持つカリスマ、新井さんに、雨の日だからこそ読みたい4冊をおすすめしてもらいました。

【カリスマ書店員が推薦】雨の日に読んでほしい4冊とは?

新井さん自身も、雨降りの休日は、出かける気力が起きず、基本的には家でじっとしていたいタイプ。今回選んでもらったのは、新井さん自身何度も読み返しているお気に入りだそう。
雨の日の気だるい気分を吹き飛ばすポイントも含めて、好きな理由をお伺いしてきました。

すべては天気のせいだと思えば、気持ちが軽くなる
【カリスマ書店員が推薦】雨の日に読んでほしい4冊とは?
『うつヌケ~うつトンネルを抜け た人たち』 田中 圭一(著)KADOKAWA
漫画家の田中圭一さんが書いた本なのですが、彼自身も実際にうつ病を患っていたのをきっかけに、うつを経験した人にインタビューをし、その経験を漫画にしてあります。その中に、大槻ケンヂさんなど著名な方もいるので、“あの人もうつだったんだ!”という驚きがまずあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.